丁度いいが心地よい、コンパクトライフ

対応範囲 マンションフルリフォーム
延床面積 56㎡
将来の暮らしを見据え、郊外の戸建て住宅からコンパクトな都心のマンションを購入されたリタイヤ後のご夫婦。暮らしやすさ、居心地の良さにこだわり、丁度いい空間を目指しました。イギリスの湖畔に佇むボートハウスのような、年月を経ることで味が出る落ち着いた空間をイメージし、白を基調とした空間にさし色のブルーが爽やかに映えます。壁面の珪藻土やフローリングのブラックチェリーなど、自然素材を多く用いた空間に仕上げました。

開放的なキッチン

リフォーム前は閉鎖的な独立型キッチンでしたが、壁を取り払い90度向きを変えたことで、開放的で一体感のあるLDKになりました。また、カウンターにはアールをつけることで圧迫感を抑えました。

収納もぴったり丁度良く

テレビボード周りは収納ボックスがぴったり収まるように造作しました。

広々解放的な洗面スペース

洗面スペースにトイレを設け、使いやすく広々とした空間にしました。 また、収納スペースには引き出しボックスがぴったり収まるよう設計しています。

歯磨きは夫婦仲良く並んで

洗面台は広々と使えるよう、幅の広いものを採用しました。 夫婦並んで歯磨きをしても大丈夫。 また、ラフでハンドメイド感のあるタイルが心を和ませてくれます。

将来の暮らしまで見据えた玄関

将来の暮らしを見据え、玄関にはベンチになる収納と手摺を設置しました。これも建築家ならではの細やかな提案です。

お客様の声

東京都 M様/2019年 お引渡し 家族構成:ご夫婦(70代)

家づくりのきっかけは何ですか?

引っ越し前は郊外の戸建てに住んでいましたが、年齢的なこともあり、マンションに移り住んでコンパクトに暮らそうと思いました。地のり、駅近、アップタウンが少ないところ、日当たり、風通し、広さ感を重視して物件を探し、今の住まいに決めました。

どのように会社を選びましたか?

業者選定に関しては、妻がネットで検索して調べてくれました。4~5社資料請求し、同時に雑誌を見てイメージを絞り込んでいきました。 水回りに強いなど、ある特定の部分に強い業者だと部分的な提案になりがちですが、建築家と家づくりができるワンズなら、全体のバランスでプランを提案してくれると思いました。ワンズと施主の間に経験豊富な建築家が第三者として立ってくれることに安心感がありましたし、ワンズのウェブやカタログからもそれが伝わってきました。それに、写真のイメージも自分たちの好みだったのは大きいと思います。どう伝えたらよいかわかりませんが、イメージは大切ですね。 あと、住まいの近くの業者のほうが安心だし、その街の持つ雰囲気を活かせると考えました。

家づくりのこだわりは?

家のテイストはいろいろあるかと思いますが、昔からボートハウスが好きで、なんとなく居心地の良い空間にしたいと思いました。また、長く愛されているものに魅力を感じます。 家づくりに関しては使い勝手の良さにこだわりました。そのため、手持ちの家具や収納用品の寸法を測って、それに合うようにお願いしました。妻もキッチンの使い勝手にこだわっていました。 時間をかけて住空間を作っていきたいし、今はまだ途中だと思っていて、これからも気に入ったものを少しずつそろえていきたいです。

家づくりを振り返ってみてどうでしたか?

ディレクターや建築家の方がショールームに同行してくれて、相談しながら納得の素材や設備を選ぶことができました。また、以前建築家と家を建てたことがあるのですが、実際に今回も建築家から期待以上のプランを出していただくことができました。ただ、仕上げの腕はよかったものの大工によって腕のバラツキがあった点や、工期の遅れに対する説明不足、質問への回答が遅かったりとコミュニケーション不足があったので、不満を感じたらすぐに担当に伝えた方がよかったなと思います。トータルとしては非常に満足しておりますし、途中の段階でも最終的にはうまくいくと信頼していました。期間中、熱心にまた誠意をもってご対応いただき、ありがとうございました。感謝いたしております。


Contact

WEBからのお問い合わせ